ヴァングルでは様々な形でのITコンサルテーションのご提供を行っております。

 

システム化すると言うこと

企業が行うシステム化には与えられた条件、クリアすべき目的や達成すべき目標が存在し、そのために最善の方法で取り組む必要があります。

最重要なのは要求が何か、から始まりクリアすべき目的や達成すべき目標を正しく定義し、このシステムの導入によってそれらが満たされるのか?というポイントよりブレてはいけない、という点にあります。

しかし多くのプロジェクトではシステム開発を完了させることが目標にとって代わり、課題が多ければ多いほど、その課題解決に目標が代わり、どんどん近視眼的な目標になっていくことが少なくありません。

気付くとクリアすべき目的には少しも合わないシステムが出来上がっていたりすることがあります。

ブレないというのは言葉にするほど簡単ではないのかもしれません。

 

ITシステム開発現場の実態

ITシステム開発の現場では様々な問題が日々起きています。

問題の原因は様々ですが、

・要求把握の不足

・要件定義の不備

・提案力の欠如

などの問題が少なくなく、これはコンサルフェーズでの対応力不足から発生している問題と言えます。

これらの主原因には「こうすれば出来る」という発想に基づく提案がベースになっていたり、顧客の要求をただ聞くだけのソリューションではないソリューションによって起きていることが少なくありません。

ここで出来上がるものは要求ポイントに対して個別最適を行ってしまっていることが多く、関係者全体に対して最適化が行われておらず、システムは出来たが運用ができないと言うケースになることが多いかと思います。

 

ヴァングルのITコンサルテーション

私どもはこれまでのキャリアに、ITサービスの提供を行う側、受ける側の双方の経験があり、それぞれの観点に基づく客観評価をベースとしたコンサルテーションを強みとしております。

まさに「様々な視点」より全体を俯瞰し、全体最適を為すべくご提案を行っております。

要件定義の段階では、目的の定義と達成すべき指標の設定を行います。

そして目的のクリアと指標のクリアの両方をプロジェクト成果に求めながら対応に取り組んでまいります。

単なるシステム開発の完了を目指すのではなく、目的を期待水準でクリアすることを目指し、そのために必要なことを全て取り組んでいきます。

 

要求規模にあった様々な取り組み

私どもは要求されるシステム規模の大小を問わず、与えられた条件や目的・目標に応じた最適な提案を行っております。

CMSを活用した情報サイト構築から、Java等を用いたEnterpriseクラスのシステム構築提案も行っております。

業務領域も製造業・流通業を中心に、製造管理・販売物流管理などのシステムを得意としております。

現在は企業規模の大小を問わず、システムを小さくし、早く、安く機能を実現し最も早いタイミングでシステム導入効果を期待する要求が増えております。

ここに求められるのは要求されたシステムの実現はもちろんのこと、関連する複数のサブシステムのシームレスな連携も重要なファクターとなります。

私どもはその最適化に合わせたシステム提案も同時に行っております。

 

受託開発によるトータルサポート

私どもは規模に応じたチーム構成にて国内外のパートナーと連携し、受託開発の対応も行っております。

コンサルテーションだけではなく、開発の対応そしてその成果の効果測定まで長期的なサポートを行ってまいります。