会社情報 | 代表挨拶 | 情報セキュリティ基本方針 | 個人情報保護方針 | アクセス

 

代表挨拶

IT人材の枯渇が叫ばれてから年々その状況は深刻になっています。

私の周囲でもこの危機を多数目の当たりにし、今日も日本企業のIT部門は

怯えながら危険な綱渡りの連続を続けているものと思います。

またそれらの弊害としてIT部門のメンバーには必然的に過剰な負荷がかかり、

現代の3Kとまで言われ、せっかくの社員も疲弊し、

常に離脱リスクと隣り合わせと言う状況が少なくありません。

SESに頼ろうにも、SES側にも人材難は起きていて、

近年まともな技術者の提案に遭遇する確率が低く、来るのは外国人ばかりで、

それも使ってみなければわからないようなギャンブルになってしまっています。

IT人材の不足は数十万人単位で発生していくと予測され、

今後これまで以上に苛烈な状況がやってくると言われています。

そのため中堅・中小企業におけるIT人材の確保はより困難なテーマとなっていくでしょう。

従来型のIT運営では要員不足による困難には太刀打ちできず、

何かを大きく変革をさせていかなければ、この困難に立ち向かうことができないのではないでしょうか。

ヴァングルではこの困難に向き合い、対応していく方策について日々考えております。

IT運営を劇的に変革し、ITをその手に取り戻し、ITが企業戦略の真の武器となり、

投資に対し最大の効果を発揮出来るようお手伝いすることを誓い、ヴァングルはスタートしました。

ITで出来ること、それを最も効果的な方法で実現し、最も効率的な運用を可能とし、

投資効果を最大化させながら、IT人材への取り組みを実践してまいります。

ヴァングルの挑戦にご期待ください。

 

代表取締役 竹内 祥二